中国語・英語対応可。これから日本国籍を取得される皆様をサポート。帰化申請書類の作成ならお任せ下さい!

帰化申請の要件1.住居要件

  • HOME »
  • 帰化申請の要件1.住居要件

帰化申請書類の作成ならお任せ下さい!

帰化申請書類の作成ならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

帰化申請の要件1.住居要件

普通帰化の申請にあたって、1つ目の要件は住居要件です。

引き続き5年以上日本に住居を有すること

「継続して」日本に5年以上住んでいるか、ということです。2年日本に住んで、1年海外で過ごし、また3年日本に住んだとしても要件は満たしません。つまり前の2年はカウントできないので、あと2年待つ必要があります。ちなみに永住とは異なり、在留期間が3年ではなく1年でも構いません。

仕事をしている期間が3年以上必要

就労ビザを取って3年以上社員として働いている必要があります。アルバイトはダメですが、契約社員や派遣社員でも大丈夫です。留学生として2年、就職して3年で合計5年でも可能です。ただし、留学生として3年、就職して2年で合計5年の場合は、就職して3年以上経っていないのであと1年必要です。そして転職回数は多くても大丈夫ですが、転職後1年未満は不許可になります。また10年以上日本に引き続き住んでいる人は就労経験が1年でもOKという緩和措置があります。

1回の出国期間が3ヵ月より短いこと

5年の中の出国日数には注意が必要です。海外出張や帰国出産、大震災の時の出国など、連続して3ヶ月、日本を離れているとそれまでの住居歴はクリアされ、ゼロからもう一度カウントすることになります。また1回の出国期間は短くても1年間で100日以上日本を出国した場合も同じです。これは会社の出張でもダメです。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・スタッフ紹介

外国人ご本人に代わって、管轄法務局への帰化申請の書類作成を代行しております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、スタッフ一丸となり、外国人の方の日本国籍取得をサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。中国語(中文)・英語(English)でのご相談も可能です。→事務所紹介・プロフィール【中国語(中文)・英語(English)対応可】
PAGETOP
Translate »