外国人の皆様の日本滞在をサポート。在留資格・ビザ(VISA)の申請ならお任せ下さい!

技能ビザ(コック・調理師)の許可要件

  • HOME »
  • 技能ビザ(コック・調理師)の許可要件

在留資格・ビザ(VISA)の申請ならお任せ下さい!

在留資格・ビザ(VISA)の申請ならお任せ下さい!

0477106885
無料メール相談はこちら

技能ビザ(コック・調理師)の許可要件

各国料理のコック・調理師のビザについて、下記をチェックしてみてください。全てにチェックがつけば許可になる可能性が高いといえます。

1.外国人本人に10年以上の実務経験があること

入国管理局の審査基準では、「料理の調理または食品の製造にかかる技能で外国において考案され我が国において特殊なものについて10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理または食品の製造にかかる科目を専攻した期間を含む)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの」となっています。各国料理のコック・調理師であることを在職証明書などで証明しますが、実際の実務経験にプラスして専門学校などで当該料理について学んでいた学生の期間も通算して構いません。実務経験については現地で働いていたお店が実在しているか厳しく調査されます。実際、入管では外国人職員に現地の店舗を電話調査させていて、実在していても電話が繋がらなかったら心証が難しくなります。
 

2.外国料理専門店であること

日本で働くお店に単品料理はもちろん、コースメニューがあることが必要です。単なるラーメン店やギョーザ屋さんなどは難しいです。
 

3.日本で働くお店の座席数が一定規模あること

座席数が20~30席あれば基準をクリアできますが、あまりにも規模が小さいお店では難しいです。

これら以外にも、既にお店の従業員のキャパが十分である場合、本国から呼ぶことは難しくなります。具体的にはお店の規模、売上、席数、事業計画によって変わってきますが、調理師を雇用する必要性を証明する必要があります。

無料メール相談はこちら
無料メール相談はこちら
ご相談はこちら

事務所紹介・プロフィール

外国人関係者の方や雇用主様に代わって、入国管理局への在留資格・ビザ(VISA)申請を代行しております、行政書士の杉森正成(すぎもりまさなり)と申します。年間300件以上の相談実績を生かし、代表の私が直接、外国人の方の日本滞在をサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。→事務所紹介・プロフィール
PAGETOP
Translate »